美粧館めっちゃ安い!合う人合わない人

女子力高めの女の子 綺麗になる
スポンサーリンク

美粧館に行ってみた

ここ半年ほど、美粧館に通っている。20年以上通っていた美容院から変えたのは、その美容院のオーナーが一人で営業し始めて予約がとりづらくなったのもあるのだけど、デブスの中年女性の白髪染めとカットに毎月結構な出費になるので、どうにか節約できないモノか…と考えたこともある。

いや実際、美粧館は安いです。カットと白髪染めで4,500円、白髪染めを根元だけにするなら3,500であります。これは個人経営のお店では太刀打ちできない価格破壊ぶり。安い。元の美容院の半額以下であります。

では、手放しでお安い!万歳!と出来るのか?

今回は美粧館に向いている人、止めておいた方が良い人を分析してみました。

 

メイクする女性

 

美粧館のココがイイ!

とにかく安い!

地域によって価格は変わるかもしれませんが、カットで1,800円、小学生で1,000円、ポイントカットもあって500円!安い。一般的な美容院なら3,000~5,000円くらいでしょうか。東京の有名店だともっとするのだろうか。とにかく通常の半額以下であります。それでありながら、カラーリングやパーマなどセットにすればさらに安くなるという、良心的。採算取れてるの??

早い!!

席数やスタッフ数も多くて、カット担当、カラー担当、ブロー担当…と担当が細分化されているので手の空いているスタッフがあれよあれよという間に仕上げてくれる。ときどき待っているお客さんもいるけど、ほぼ最短で帰れる。カットとカラーで1時間半弱で出られる。個人店の時は2時間半はかかっていたと思う。

思い立ったらすぐ行ける

上記のような理由で、予約なしですぐ入れるうえに、すぐ帰れる。少なくともこの半年間はそうでした。営業時間自体はごく一般的な美容院と同じ18:00や19:00なので残業が多い人は平日はキツイかもしれませんが、混んでてもスイスイ進むので「今日切りたいと思ったら今日なのッ」という方には向いています。

美粧館のココがツライ!

コミュニケーションが取りづらい

とにかく安い分、数をこなさないといけないので、オーダーを聞いてくれるんですが口調が有無を言わさない雰囲気…。デブスのくせに、というかデブスだからこそ髪型くらいはキチンとしたい私ですが、デブスの自意識がハンパないので、細かいオーダーが出せないでいます…。

以前の美容院では画像を見せたり、お店のカタログを見たり、口頭でイメージを伝えたり…いずれにしても、オーナーは丁寧に聞き取ってくれて、最終的にお互いのイメージのすり合わせをして「では、前髪はこうで、サイドはこんな感じで良いですね?写真ではこの髪は耳にかかっているけど、実際はこうなるけど問題ないですか?」など細やかに確認してくれたので、いきなりカラーもしないうちから「今日はどうします?」と聞かれたら、(カラー剤の量があるから短くするのか聞いてくるのかな?すでにショートですが…)と思いつつも「あ、伸びた分くらいで」と答えると、それだけでザクザク切り始められるのがどうにも慣れない。えっ?あれっ?先に切るの?と毎回忘れて驚いてしまう。

そうか、通常はカットにシャンプーがついているので、カラーする場合はカラーからスタートすればシャンプーが1度で済むので効率的なのですが、美粧館はカットにシャンプーがついていないのでカットからスタートするのでした。

テクニックが心配

やっぱり、値段には適正価格というものがあります。宝くじに当たったら、前のお店に戻りたいです。

そもそも、相当の強心臓でなければこだわりのイメージを伝えることは難しい雰囲気で、努めて無表情の向こう側に「いいか、お前は今から2,000円足らずという破格でカットをしてもらうんだ、ごちゃごちゃ御託をならべんじゃねぇぞ」というプレッシャーを感じます。(被害妄想)

心構えとしては、長さと段を入れる位置がオーダー通りなら御の字ですッ!の精神が肝要です。美容師さん個人は出来るのかもしれませんが、時間の都合?でなのか「2cm切って」と頼むと本当に2cm切っておわります。(なんかわからないのですが、染めの時間でもないのにタイマーが起動しているので一人に何分かけたら赤字よッ!というコスト計算があるのかもしれません)

なので、スマホやカタログを見せて思った通りにしてもらいたい方は向きません。だいたい、そういうのに載っている美容院のカットスタイルなんかは、東京の一等地の人気美容院のトップスタイリストさんだからできるカット、というのがほとんどらしいです。1,800円で同じことをしてもらおうなんて考えちゃいけません。

子供のカットでも利用することがあるのですがロングの場合、本当にはさみを髪と垂直に沿わせてお願いした長さでバッツーン!と切って終わります。すごいときは本当にバチっと切って、飛び出た部分や斜めになったところだけ微調整、で終わらせようとする方もいます。1,000円だろ?文句言うんじゃねぇ!と言われそうなので、ビクビクしながら「あっ、あの…毛先の内側梳いて広がらないようにしてもらえますか??とお願いしてようやく、「あ、そういうの要ります?」みたいなリアクションで対応していただいています。気が利いた美容師さんに当たると「毛先少し梳きますか?」と聞いてくれるので、この半年でハードルが下がりきっている私の顧客満足度は爆上げです。ふっ、ちょろい。

私は襟足につむじがあるうえに、夏場の襟足に汗が滴るのが嫌でギリギリまで切ってもらうのですが、以前の美容院では、つむじをシェーバーで剃り、襟足の髪が剃ったところを覆うようにして剃り跡が見えなくするような心づかいをしてもらっていたのですが、もちろんそれはないです。それはわかっています。1,800円でそれは望みません。でも、襟足ギリギリつったってさっきまで普通の毛量で生えていた髪を梳くこともなく、唐突にビチビチに切りそろえるやつがいるかよ?ちびまる子ちゃんの後ろ頭か。もう、それくらいある意味「お願いしたことに忠実」に応えてくれるのが、美粧館クオリティです。

まとめると…

基本的に画像を見せて「こういう感じにしてくださいッ!」が通じないので(やっては下さるのですが、「長さと段の位置以外、ぜんっぜん違うッ!!」って5回に4回くらいなるので)文章でなりたいカットを説明できる表現力がなければ、日々の「いいちこ」を「大五郎」にチェンジして差額で美容院に行きましょう。

白髪がみすぼらしく見えるのは身だしなみ的にNOだ!おしゃれかどうかは別として、身だしなみを整えている、という「やっている感」重視の方には、おすすめです。浮いたお金でシャウエッセンだって躊躇なく買えちゃうコスパの良さです。

2020/5 追記

新型コロナの影響でかれこれ数か月も美容院に行けていないのですが、こちらの初投稿から少しして、ネット予約のご新規特典クーポンなどで美容院ジプシーをしています。

さすがに美粧館ほどではないとしても、意外と2回目以降も価格据え置きのロープライスで施術してくれる美容院は多い印象です。

だいたいカットとカラーで美粧館のプラス1,000円くらいなので、これなら毎回満足度が高いクーポン利用がいいかな、と自分では思っています。

しかし、予約もなしにふらっと行ける美粧館も捨てがたいのよなぁ。レシート10,000円分たまったらシャンプーしてもらえる、30,000円分だとトリートメント…とかもあった気がします。

コメント